コネクタ用途・特徴

用途と特徴から、コネクタの選択にお役立てください。

装置内の気密性を保持した状態で嵌合が可能。ハーメチックコネクタ。

レモの各シリーズ(B, S, K, E, T, W, 他)では、それぞれ気密/真空・防水モデル(ハーメチックモデル)をご用意しています。

気密・防水とは、それを装着した装置が、キャップやプラグを差し込む事なしに装置内の気密・防水を保つことを意味します。もし装置がコネクタのはずれた状態でも気密(防水)が必要な場合には、気密(防水)ソケットを使用する必要があります。

レモの気密(防水)ソケットは、コネクタ内にエポキシ樹脂を充填し気密保持を実現しており、気密モデルにおけるエア漏れ率(He)は、<10-7mbar.l.s-1(IEC 60512-7 test 14b)となっています。

防水・気密ソケットの選択

図1は典型的な室外装置です。コネクタの篏合がはずれた場合にIP66以上を保持するには、防水モデルを使用することが重要です。



図2は真空や圧縮ガスが入った装置で漏れを防止しなければならない装置です。 この装置の気密を維持するにはヘリウムガスでの漏れテストを実施した気密モデルを使用することが重要です。



型式表記について

 製品番号の末尾に(P)もしくは(S)の文字がついているもの:防水モデル
 製品番号の末尾に(PV)もしくは(SV)の文字がついているもの:気密モデル

温度範囲

-20~+100℃(サイズにより+80℃)
ただし、エポキシ樹脂の種類を変更することにより+120℃まで対応可能です。
また、特注品として、より高温に耐え同等の気密保持の出来るモデルもございますので、遠慮なくお問い合わせください。

最高使用圧力(IEC 60512-7 test 14d)

5bars~60bars(サイズによる)
※この数値は、装置に取付けれたコネクタの内側と外側の最大圧力差です。


関連コネクタ

コネクタ用途・特徴

お電話でのお問い合せはこちら

東京本社

03-5446-5510

神戸営業所

078-846-2002